Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-10-03
カテゴリトップ > New Item
【最終処分】【30%OFF SALE 88,000円⇒61,600円】BAHARI バハリ ガルーシャ スティングレイ エイ革 イントレチャート ロングウォレット ポリッシュ加工 BLACK×WHITE

Descrizione 商品説明

【ガルーシャとは?】

「ガルーシャ」とは、毒針を持つ種類の「アカエイ」というエイを加工した革のことです。「スティングレイ」とも呼ばれます。
「スティングレイ」は、英名で「アカエイ」のことです。
「ガルーシャ」は、『フランス人の革職人の名前』が由来と言われております。

18世紀頃のフランスで刀や短剣などの装具やファッションなどに「エイ革」が多く使われるようになり、当時、「エイ革の鞘(サヤ)作り」で第一線で活躍していた革職人『ジャン・クロード・ガルーシャ』の作り出すエイ革製品の技術が、当時の国王ルイ15世の目にとまり、その後、国王と側近の為に技術を振るったことがキッカケに、『この偉大なエイ革職人の名前を指す名称にしよう』ということで、エイ革を総称して『ガルーシャ』と呼ぶようになったと言われております。
それ以来、フランスを含めヨーロッパ全土で、ガルーシャ(エイ革)が流行し、現代でも広く使われています。

日本でも『1000年以上前』からエイ革が刀の柄や鞘の部分、兜などの武具の装飾に使われていて、現在もしっかりとした形で美術館や博物館に展示されております。

エイ革は非常に硬く水に強いため、メンテナンスは特に必要なく、汚れたら固く絞った布で優しく吹き上げる位で十分です。『牛は30年、エイは100年』と言われるくらい、強度と耐久性があると言われております。

【ガルーシャの特徴】

ガルーシャは昔から、『海の宝石』と呼ばれて高級皮革素材として珍重されています。
非常に硬くて光沢感があり、まるでガラスビーズを一面に敷き詰めたような細かい突起が特徴的な革です。

主な主成分は、人間の歯と同じ『リン酸カルシウム』なので、磨けば磨くほど光沢感が増す性質を持っています。
また、エイの『背中の中心部分』には、白い斑点状の光を感知する第三の目があって『スターマーク』と呼ばれています。
このスターマークは、エイ革一匹に一箇所しかなく、製品に加工する際は、この部分を目立たせるデザインが人気です。

以前は工業用ミシンを使用してでも、革自体が硬いため、縫うと糸が切れたり針が折れたりして、製作が非常に難しいとされておりました。
近年では鞣し(なめし)の技術も向上し、ソフトなエイ革に加工が出来るようになりましたが、今でも日本の革職人さんにはあまり好かれない傾向にあります。

加工方法は2種類あります。

一つは、『ポリッシュ加工』です。これは表面の細かい突起を研磨することで、より光沢を出す加工方法です。ツルツルとした触り心地が特徴です。
もう一つは、表面を殆ど加工しない『Noポリッシュ加工』です。ガルーシャの特徴をそのまま活かした加工で、ザラザラとした触り心地が特徴です。『キャビア』とも呼ばれております。

【商品説明】

*通常のガルーシャ(キャビア)を平らに削ったポリッシュ加工(ツルツルとした質感)
*そのポリッシュ加工のガルーシャを、職人が「技術」で極力薄くする
*薄い状態のモノを手作業で丹念に編み込む
*編み込みなので、通常の2倍のガルーシャを要する
*YKK高級ファスナー「エクセラ」使用

※【ご注意】
■この商品は革本来の風合いを生かす色止め加工を施していますが、ご使用中の摩擦により色落ちする場合がございますので、ご使用の際は十分にご注意ください。
■天然の革製品ですので、シワやキズ、色ムラなどがある場合がございます。
■ディスプレイにより、実物と色、イメージが異なる事がございます。あらかじめご了承ください。

Color カラー

BLACK×WHITE

Misura サイズ

H.10cm×W.19.3cm×D.3cm
※サイズは実寸値で採寸しており、おおよその目安です。

Materia 素材

ポリッシュ加工ガルーシャ(エイ革)/中:牛革、ポリエステル
Caratteristica 仕様

Caratteristica 仕様

開閉:ファスナー式
札入れ:× 3 その他ポケットあり
小銭入れ:ファスナー式
収納部分:カード入れ×12