Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2019-06-02

【茶器/茶道具 置炉釜】置き炉用釜 平丸 筋入 佐藤清光作【smtb-KD】
配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●
午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)
サイズ約直径24×高14.5cm
蓋除いた高さ
作者佐藤清光作
付属品釜鐶付
紙箱
  (輪棒No39清・61776)

平丸 筋入 佐藤清光作

平丸 筋入 佐藤清光作

【6代 佐藤   】明治の頃より茶の湯釜を造る
【8代 佐藤 清光】
◆【日本工芸会正会員】
大正05年山形市に生まれ
昭和28年日展に初入賞
平成01年斉藤茂吉文化賞受賞
平成04年勲六等瑞宝章受賞
平成08年死亡
【 佐藤 旺光(さとう・おうこう)】1945年(昭和20年乙酉)生
◆【日本工芸会正会員】
昭和20年佐藤清光の長男として山形市に生
昭和42年、拓殖大学商学部卒業後家業に入る
※釜師父・清光から茶の湯釜鋳造技術を習得
※師:横浜市在住の釜師・根来茂昌氏に師事する
昭和50年伝統工芸日本金工新作展入選(以来19回選)
平成06年淡交ビエンナーレ茶道美術展奨励賞受賞
平成06年日本新工芸家連盟東北会展 公募大賞受
平成17年旺光還暦華甲祝い3代の父子茶の湯釜展を
  日本橋三越本店で新しい茶道具の取り合わせ展」開く

【佐藤琢実(さとう・たくみ)】
昭和49年 佐藤旺光の次男として山形市に生
平成6年 米国留学後、 茶道裏千家入門
平成9年東北芸術工科大学美術学部彫刻科卒業
※横浜市在住の釜師・根来茂昌氏に師事する
平成15年坐忘斎お家元継承御祝い・全国委員会席お道具”朧銀三猿蓋置”制作
平成17年旺光還暦華甲祝い 父子3代の茶の湯釜を
  日本橋三越本店で新しい茶道具の取り合わせ展」を開く
平成18年 プロダクトデザイナー黒川雅之デザイン「IRONY」製作
平成20年イタリア「ミラサローネ」、ニューヨークにおけ「K展」に「IRONY」出品

・・・・参考資料・・・・
【根来実三】大正-昭和時代の釜(かま)師
無形文化財保持者
明治21年和歌山県に11月21日生まれ
 大阪郵便局通信生養成所修了
大阪で裏千家御用釜師の4代佐々木彦兵衛に鋳造を学ぶ
1925年大正14年上京して香取秀真(ほつま)に師事
1931年昭和06年遠州流茶道家元職方釜師となる
1946年昭和21年日展で「四方釜」が特選
1975年昭和50年4月30日死去。86歳。
【根来茂昌】横浜在
〇遠州流職方向栄会会長
1925年昭和元年釜師:根来実三の三男として大阪に生
1953年昭和28年武蔵野美術学校彫刻科卒業
※師:香取正彦、叔父六世佐々木彦兵衛、父実三に師事
1971年昭和46年伝統工芸新作展にて奨励賞受賞
1978年昭和53年伝統工芸武蔵野展監審査員
※著書「茶の湯釜」を刊行
1990年平成02年紫綬褒章受賞
1998年平成10年勲四等旭日小綬授賞
2002年平成14年廣徳禅寺梵鐘製作
2004年平成16年萬満寺梵鐘製作
●現在3代の【根来琢三】神奈川の鎌倉在
昭和30年頃和歌山県寺家(根来寺の地)に工房
大学卒業後師:父の茂昌に師事
茶釜の制作の他、依頼があれば仏具や釣鐘などの制作
  
送料無料
置き炉用:風炉釜併用で使用:スクイ蓋
山形市
価格
44,330円 (税込47,876 円)送料無料
1〜2日の発送可能
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便