Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-11-02

アビランド・ヴューパリベール 31.5cmタルトトレイサイズ:31cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アビランドを代表する人気作
王室由来のタピスリー ブローニュの森のバガテルの庭園をイメージ。
青い小川の向こうの小さな花々に 小鳥が囀りそうな 明媚な朝の 始まりです。

パリのシックな高級住宅街16区にあるブローニュの森。着飾った紳士淑女が集うロンシャン競馬場や全仏オープンテニスで知られるローランギャロスでも有名ですが、もうひとつ忘れてはならないのが、世界有数のバラ園があるバガテル公園(伊豆にある河津バガテル公園はパリのこの公園の姉妹園!)。5〜6月には園内1100種、約1万本のバラが見頃を迎えます。

バガテル公園はそもそも17世紀、ルイ16世の弟アルトワ伯によって造園されたイギリス式回遊庭園で、かのマリー・アントワネットも好んでよく訪れたとか。
1907年よりパリ市の所有となりこのバラ園も開園され、毎年国際バラコンクールが開催されることでも知られています。
園内には小さな池や小川の畔に小さな城館やあずま屋が点在し、咲き誇るバラとの風景はロマンティックなおとぎの国の世界に迷い込んだかのようなすばらしさ。
またバラ以外にもアイリス、ダリヤといった季節の花が咲き、四季を通じて楽しめるのもうれしいですね。

フランスの国賓接待用食器は 総て セーヴルですが ナポレオン皇帝3世王妃ユージェニーのご下命品 アンペラトリスユージェニーが 唯一の例外として 現在まで 大統領宮殿 エリゼ宮において 国賓接待用の サービスとして採用。
  アビランド社が 数あるリモージュの中で 一頭地を抜く所以

お熟成洋食器店アインのアビランドは ユーロ前のフランスフラン時代に 当時の代理店から 仕込んだ真正なお品です。
当店のブランド洋食器は 総て 日本や欧米各国の 代理店を通して 窯元に 注文制作したものです。
現地在庫を あさらないのは B品の混入を避けるためです。

美術磁器で一世を風靡したセーヴルも ブルボン王朝の衰退と 1789年のフランス革命による王権の終焉に 運命を共にしました。
(その後のセーヴルは マリーアントワネットが 1793年処刑され 1804年 ナポレオンが 皇帝に即位し 帝立窯になりました。ネオクラシック勃興の中 ナポレオン好みの アンピール様式を よくする様になり 今に至っております。
王風美術食器に拘るセーヴルは フランス国立窯の名誉にかけても 採算主義に迎合して用の美作品にお茶を濁すことは 出来ませんでした。
20世紀掉尾 あわよくば 資金確保の機会を 磁器先進国の日本に求めて バカラ・ジャパンを通じての販売を 図ったことがありました。
しかしその値 余りにも高価で ジャパン・アズ・ナンバーワンを謳歌していた 日本でも多くは望めず 泡沫の露と 立ち消えていきました。
以後 歴史的に見ても 美術食器の 採算に見合う販売は 王侯貴族の没落と共に かなわぬ夢と セーブルは 国賓へのプレゼントと 宮殿の国賓接待用食器のみを制作しております。)
王権の呪縛を解き放たれたリモージュに 多くの民窯が 生まれたのは 美の究極セーヴルで培われた 多くの名工達の存在による 必然です。
人口に膾炙する アビランドもその一つです。
1839年のある日 ニューヨークの貿易商である デビッド・アビランドの元を 薄胎の白いカップを携えた 1人の客が訪れ 同じものでティーセットを 揃えたいと 申し出たのです。
バックロゴは無かったのですが 稀に見る高品質に デビッドは 英国を 尻目に台頭するフランスに 目星をつけました。
海を渡り フランスはリモージュ(紀元3世紀に ローマ人により開かれた 千数百年の歴史の重みある佇みに ボトルキルンの白煙が 溶け込む街)に辿り着きました。
貿易商であったデビッドですが この街と 産する磁器に魅せられて 遂に病膏肓 1842年磁器製造・絵付工房(それまで 白磁成型は リモージュで 絵付は パリ工房でなされていた)を 創設するのです。
鋳型成型や 石炭焼成窯の実現等 フランス初の功績は 以後 リモージュの アメリカ市場への拡大(レイノー1849年,ベルナルド1863年,ジョルジュボワイエ1910年,などの 後身続出)の先鞭に 大いに資するところとなりました。
直 ジョルジュボワイエ窯は アビランド社の 傘下に入り 現在にいたっております。






アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アビランドを代表する人気作
王室由来のタピスリー ブローニュの森のバガテルの庭園をイメージ。
青い小川の向こうの小さな花々に 小鳥が囀りそうな 明媚な朝の 始まりです。

パリのシックな高級住宅街16区にあるブローニュの森。着飾った紳士淑女が集うロンシャン競馬場や全仏オープンテニスで知られるローランギャロスでも有名ですが、もうひとつ忘れてはならないのが、世界有数のバラ園があるバガテル公園(伊豆にある河津バガテル公園はパリのこの公園の姉妹園!)。5〜6月には園内1100種、約1万本のバラが見頃を迎えます。

バガテル公園はそもそも17世紀、ルイ16世の弟アルトワ伯によって造園されたイギリス式回遊庭園で、かのマリー・アントワネットも好んでよく訪れたとか。
1907年よりパリ市の所有となりこのバラ園も開園され、毎年国際バラコンクールが開催されることでも知られています。
園内には小さな池や小川の畔に小さな城館やあずま屋が点在し、咲き誇るバラとの風景はロマンティックなおとぎの国の世界に迷い込んだかのようなすばらしさ。
またバラ以外にもアイリス、ダリヤといった季節の花が咲き、四季を通じて楽しめるのもうれしいですね。

フランスの国賓接待用食器は 総て セーヴルですが ナポレオン皇帝3世王妃ユージェニーのご下命品 アンペラトリスユージェニーが 唯一の例外として 現在まで 大統領宮殿 エリゼ宮において 国賓接待用の サービスとして採用。
  アビランド社が 数あるリモージュの中で 一頭地を抜く所以

お熟成洋食器店アインのアビランドは ユーロ前のフランスフラン時代に 当時の代理店から 仕込んだ真正なお品です。
当店のブランド洋食器は 総て 日本や欧米各国の 代理店を通して 窯元に 注文制作したものです。
現地在庫を あさらないのは B品の混入を避けるためです。

価格
52,500円 (税込 56,700 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便