Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2019-05-08
カテゴリトップ > 教育楽器・グッズ > リコーダー > moech(メック)
*【リコーダー】 MOECK(メック) エラート独奏用 アルトリコーダー 5347
【5347 仕様】
・ピッチ:A442Hz
・材質:エボニー/グレナディラ
・音域:f1〜a♭3
・指孔/キー:ダブル・キー f/f#
     ダブル・ホール g/g#
・運指:バロック式
・付属物:ハード・ケース、掃除棒と布、コルク・グリス、手入れの手引き付き保証書、運指表、メインテナンス・キット


※メール便発送不可・宅配便での発送となります。

エラート・リコーダー
リコーダー奏者の多くは、他の楽器と一緒に演奏するときなど、微妙で控えめなこの楽器の性格を乗り越えて表現したいと思うことがあります。モダンの弦楽器や管楽器、鍵盤楽器とのアンサンブルでは、他の楽器に負けないで音の通る楽器が欲しくなります。しかし、そのように吹いては、透明なリコーダー本来の音 を損なうことになります。

新しいエラート・リコーダーは、様々な歴史的リコーダーの良いところを組み合わせたものです。

• 広い円柱形の内径のため、ルネサンス・リコーダーの強い音がします。

• バロック・モデルに範をとった広い気道は、バロック・リコーダーの音の柔軟性と強弱を備えています。
• 管体を長くしたことによって、広い音域(2オクターヴ半)を持ち、管底の孔を塞がなくても、ソプラノのc3#、アルトのf3#、テナーのc2#が使えるという大きな利点があります。この楽器はかなり長いですが、足部の2つの孔を楽に塞げるダブルキーのほかには、キーを必要としません。

• 新しいエラート・リコーダーはバロックのテナー(オトテール、ブレッサンなど)と、管体が長い1930年頃のドイツ式リコーダーをモデルにしいるので、普通のバロック式運指で吹くことができます。したがって、一連の高音域以外は、新しい指使いを覚える必要がありません。

新エラート・リコーダーは、すべてのスタイルとすべての時代のリコーダー音楽に適合します。強い音色と音量があるため、ピアノなど、他の「モダン」楽器と合わせるのにとくに向いています。

【リコーダー】ドイツ・メック社の教育用木管リコーダー!
価格
236,800円 (税込 255,744 円) 送料無料
メーカーお取り寄せ
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便