Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-12-07

日に良い悪いはなく、一日一日を大切に過ごしなさい。

茶掛け 茶室の床の間に 日々是好日 墨蹟の掛け軸 小林太玄住職の肉筆書

書の掛け軸】日々是好日 茶掛け】日本独自の進化を遂げた茶道の世界。茶室の床の間には基本的に「墨蹟」を掛けることが決まりとなっています。待合の席では画題は特に問われません。季節に合ったお花や一般的な書、趣味掛けなどもお勧めです。 墨蹟とは】「禅林墨跡」は略して墨跡といい、主に禅僧が書き残した筆跡を示します。ご住職ごとに独特の筆跡で書かれ、その禅語に込められた心を最大限に表現することができる作品です。 解説】この句は、毎日が人生の最良の日であるという意味で、一日一日を大切に過ごしなさいという意味です。 作者】小林太玄(臨済宗大本山大徳寺塔頭黄梅院住職) 軸寸法】185×30cm(尺巾立) 軸先】ハケメ 箱】高級桐箱収納 特典】商品が到着次第、すぐにお掛け頂けますよう、風鎮と二重折釘もお付けいたします。