Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-12-08
カテゴリトップ > その他
SAVALEY ( サバレイ ) アルトサックス 新品 アウトレット SAL-200 ゴールド サックス 初心者 管楽器 E♭ 本体 アルトサクソフォン マウスピース ケース 【 SAL200 セット A】 送料無料

長期在庫 外観アウトレット 

保証書は付属していませんが、弊社購入履歴より6ヶ月間製品保証いたします。

 

個体差はありますが、キズ、凹み、サビなどなどがございます。

 

このままでは売れないような状態でメーカー倉庫に眠っていた商品です。弊社技術スタッフが可能な限り調整いたしました。

 

当然ですが、調整を施しても本来の楽器の持つクオリティ以上のものを発揮するわけではございません。中国製です。ご理解のある方のみご注文下さいませ。

 

サックスはサイズによって種類がありますが、アルトサックスが一番定番です。

 

サックスはたくさんのパーツ(キイ)が使われており、トランペットなどの金管楽器などより複雑になっておりますので、少しお値段が高くなりますが、新品のサックスで最安は3万円以上かと思います。

 

管楽器は全体のバランスがとても大事で、壊れる壊れない以前に一生同じ楽器の状態が保たれることは例え数十万の楽器を買ったとしてもさすがに無理です。状態が変わればピッチなどに影響がでてきますので管理されていない中古をオークションなどで買うよりは安くても新品であることで安心できると思います。

 

初心者に吹きやすい一般的なものですが、安い楽器は吹きにくいと言われることがあります。比較対象として例えばヤマハのYAS-280(10万円相場)はとても音が鳴らしやすい楽器と言われています。

 

ヤマハの製造の精度は大変高いものでそれは楽器のクオリティ・品質に違いがあるからで、安い楽器はそのクオリティで物の製造ができません。ですので、ヤマハを基準に比較してしまうとより多くの息を入れないと音になりにくいと言えるかもしれませんが、決してこの楽器が音が鳴らないということではありません。

 

そもそも、初心者層の楽器は音が鳴らしやすいようにはつくられていますが、ヤマハがさらに吹きやすいと言われる理由に「奏者が音楽に集中できる」ことや「きちんと音程が取れる」、また「奏者が意図する音楽表現ができる」ということを大事にしていることが考えられます。

 

吹奏楽はひとりの趣味での演奏とは環境も違い、人から求められる音量、音程、表現力も重視されます。そういう中で、吹きにくいことやピッチの安定感が悪いと求められることにせっかく自分が持ってる技術力を楽器が発揮してくれないということがあり、自分の思いや求められること以外の問題に気に取られてしまうことにもなりかねません。それでは練習になりませんよね...

 

そういった少しでも音楽をきれいに美しくという願いや希望に応えるのであれば楽器はそれなりのものを持つことをおすすめしています。ちなみにヤマハの一番安いモデルYAS-280でも中高生の初心者レベルの楽器と言われています。

 

さて、ここまで見ればヤマハしかないか...と思うかもしれませんが、全ての方が毎日何時間もの練習にあけくれ、高いモチベーションの方々との演奏を重視しているわけではありません。

 

初心者対象の楽器は「吹きやすい」といいましたが、例えば30万の楽器が自分にとって「吹きやすい」とは限りません。「抵抗感」も表現力には大事な部分です。上級者ともなれば常に一定の音量で同じ雰囲気で音を奏でるわけではありませんので、小さい音から大きい音まで自分が思う音色で鳴る楽器が自分に一番ベストです。そういう意味では初心者層の楽器は吹きやすくても音質や音量の幅が狭いと言えると思います。小さい音や大きい音が綺麗な音色で出るのは楽器の品質に大きく影響します。

 

吹奏楽所属者には勿論のこと、ピッチにシビアな耳を持ち、表現力豊かな演奏を目的とした個人の方には初心者層の楽器はあまりおすすめできないかもしれません。

 

ただ、どんなに吹きやすいといっても「リード楽器」はリコーダーのように誰もが簡単に息を入れたらなる楽器ではありません。このリード楽器のことがよく分からなくてサックスに興味を持ってる方、続くか続かないか分からないどんなものかも手に取ったこともないのにさすがに10万は高いと思います。この価格帯の製品は、家でひとりで吹いてみようというのにはおすすめだと思います。通販では3万円台から結構沢山楽器が販売されていますが、店頭ではもう少し割高ですし、またあまり低価格帯の商品は専門店へいくほどおいてないと思います。電子楽器ではない楽器は本来演奏してみて決めるのが一般的ですが、初心者には自分がどういった演奏を好みとしているかもまだ分からないでしょうし、分かるようになってから買うとうのが高い楽器を選ぶときに失敗しないと思います。

 

もう1点管楽器購入の注意点として、調整とお手入れの問題があります。初心者でも最低限の知識が必要になるのはこの部分です。お手入れはしないと故障します。最低限の知識がないと組み立てた時点で壊してしまいます。それはこの楽器でも10万のヤマハでも同じで、壊れたときの修理代はヤマハに修理をお願いすると高いです...管楽器は繊細ですので、気をつけていてもいつの間にか...ということも多々あります。お取り扱いには十分に注意して下さいね。

 

カラーは一般的なゴールド。他シルバー、アンティークカラー、ブラスカラー、レッド、ブルー、ブラックなども見かけると思います。色の違いは品質の違いだけではなく、見た目、音色、吹奏感などにそれぞれ特徴があらわれます。また素材と塗装で値段が変わりますので、ゴールド(ラッカー)は一番安く手に入れることができます。音色は華やかでよく鳴ります。

 

 

 

【シーソー式左手小指キイ】
アルトサックスは左手の小指で操作する4つのキーがあります。滑らかな演奏をするために必要不可欠なスムーズな運指。シーソー式でないサックスは B♭とC#のキーに段差があります。こちらはシーソー式になっていますので、隣り合うキイに指を滑らして移動できます。 つまり、より早い曲や滑らかな音色を追求できるということに繋がります。全ての方、全ての曲でその音(運指)を使用する訳ではございませんが、あれば便利、あれば ラクだったな...ということになるかもしれません。

 


【SAL300との違い】

品質に関わる大きな違いはありませんが、彫刻に違いがありますので見た目がかわります。サックスにおいて彫刻の有無は結構気にされる方がおられます。SAL-300は管体全体、ネックにも彫刻があります。大した違いではありませんが、付属品も少し違います。アウトレット製品で他製造工場や細かいパーツの仕様の違いについてはメーカーにも資料がなく明確に分かりません。

 

 

SAVALEY SAL200 Alto Saxophones サバレイ  SAL-200 アルトサクソフォン ゴールド アウトレット

■調子:E♭
■フロントF/HighF#キイ
■左手小指シーソーキイ
■管体:ラッカー
■キィ:ラッカー
■ベルに少し彫刻あり
■譜立てネジ付き
■左手拇指台:プラスチック製
■右手サムフック:金属製

※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。
 

セット内容

■アルトサックス 楽器 本体 
■セミハードケース(ショルダー)
■マウスピース...音を出す吹き口。これにリードをリガチャーでセットし、演奏をはじめます。演奏しないときはリードを守るため、キャップをしておきます。
■リガチャー...リードの留め具。
■マウスピースキャップ
■リード...これがないと音は出ません。あやまって服でかすってしまうと、もう使えない、というくらいとても繊細です。基本何枚も持ちお気に入りを探します。消耗品です。
■ネックストラップ...楽器を首にかけるストラップ。
■クロス
■スワブ...演奏後は水分をしっかり取る必要がありますので、管体には重りのついたこのクロスを通し、水気を取り除きます。
■リード10枚セット...付属分では当然足りないので10枚あれば当分練習できますね。
■グリス...マウスピース、コルク部分に付けることで楽器の組み立てがスムーズになります。
■クリーニングペーパー...穴を塞ぐタンポの水分を演奏後はしっかり取り除きます。お手入れを怠ると修理が必要になります。
■パウダーペーパー...上記で水分を取った後に使用することでベタ付きをおさえます。
■キイオイル...定期的にキイに指すことでキイの動きを良い状態に保ちます。潤滑剤ですので、これを怠るとキイの動きが悪くなったりノイズが出たりしてしまいます。
■ラッカーポリッシュ...表面のひどい汚れもこれで綺麗に。クロスに含ませて使用します。
■マウスピースパッチ...マウスピースを口にくわえると前歯がマウスピースに当たります。長時間の演奏で前歯が痛くなるのを軽減し、マウスピースが傷になるのを防ぎます。
■教本...アルトサックス兼用。とてもやさしい内容の教本ですので、楽器のこと、吹き方など一人でもコツコツと練習できる内容になっています。
■譜面台...楽譜置き。高さ調節可能。
■クロマチックチューナー&メトロノーム (TDM-75 他同等品)...アンサンブルはキレイなハーモニーが必要です。管楽器は息の入れ方、口の形によって音程(ピッチ)が変わるので、しっかりチューニングをして演奏しましょう。また基礎練習に必要になるリズム感はメトロノームに合わせて練習を。

※ケースなどの細かい仕様が画像と異なる場合がございます。



サクソフォン アルト SAL200 Alto Saxophones 楽器 入門
価格
32,407円 (税込 35,000 円) 送料無料
掲載ページ更新中です。(売り切れ、もしくは入荷待ち)

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

インナー担当さん 40代/女性

評価4.00

投稿日:2017年12月28日

子供が家で練習したいと欲しがっていたので、クリスマスプレゼントに買いました。迅速な対応で届いてからプレゼント包装するのにも余裕で間に合いました。ただ指で押さえる所にある白い丸い蓋のような物が触ってすぐに外れてしまって残念でした。ですが概ね満足しています。 

使い道 プレゼント 使う人 子供へ 購入回数 リピート