Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2019-07-09
カテゴリトップ > 植物 > 多肉植物 > エケベリア属
★☆ 多肉植物 ☆★
今話題の多肉植物を育ててみませんか
【 クララ 】エケベリア属
※3号ポット×40個入り※ たっぷり使える お教室 お店様や お友達のグループで 共同購入 まとめ買い 王冠ラベル yz 人気 レア
※個体差がございますのでご了承ください。

■多肉植物とは?

  乾燥した厳しい環境に適応するために、水分や養分を葉や茎、根に蓄え
乾燥に耐える機能を持つ植物の総称です。多肉植物のうち、サボテン科は
非常に種類が多いために、サボテンと多肉植物は分けて呼ばれています。

多肉植物は多くの属性に分類されており、その属性により生育パターンが
異なります。

★夏型種:春から秋にかけ生育し、冬に生育を休むもの
 アガベ属・アロエ属・ガステリア属・カランコエ属・  クラッスラ属・グラプトペダ
 ルム属・コチレドン属・セダム属・パキフィツム属・ユーフォルビア属 など
★冬型種:秋から冬にかけて生育し、夏に生育を休むもの
 アエオニウム属・コノフィツム属・センペルビウム属・リトープス属 など
★春秋型種:夏と秋は休眠し、春と秋の穏やかな気候のとき生育する
 エケベリア属・クラッスラ属・セネシオ属・ハルオシア属 など

■多肉植物の育て方

★多肉植物の土
  ・排水性が良いこと…水分量が多いと根腐れしやすくなります
  ・熱をためない…夏の高温気には熱がこもらないような熱伝達が良く
   通気性に優れていることが大切です
★置き場所
  ・できるだけ長時間陽の当る場所で管理しましょう
  ・夏場に高温多湿状態が続くと株の状態が悪くなります。雨の当らない
   軒下などで管理しましょう
  ・品種によりますが、夏場30℃以上の猛暑が続く場合は、葉焼けする
   場合があるので、朝だけ陽の当る場所に移動させるか遮光しましょう
  ・冬の管理は、霜に当てないように注意しましょう
   一般的な多肉植物は、霜に当ると凍って枯れてしまいます
   霜が降りる季節になったら、日当たりのよい軒下に移すか、夜だけ
   室内にとりこみましょう
★水やり
  ・下葉がしおれてきたら水やりのサインです
  ・水は鉢底から溢れるくらいたっぷりと与えましょう
  ・過度な水やりは徒長や根腐れの原因になるので注意しましょう
  ・基本的には、春秋は成長期ですので乾いたらたっぷりと与えましょう
   夏場は月2回くらい夜に与え、冬場も月2回程度、午前中に与えます

■多肉植物のふやし方

★挿木
  ・カットした苗でふやします。
   切り口が乾くまで、2〜3日明るい日陰で乾かしてから、乾いた土に
   植えます。約2週間、発根するまで水は与えません。
★葉挿し
  ・葉一枚から株を育てます。
   葉を土の上に置いておくだけで葉の付け根から芽が出てきます。
   時間はかかりますが、一度にたくさんの株を育てることが出来ます。
★実生
  ・種をまいて苗を育てます。
   異なる品種を交配すれば、オリジナルの品種を作り出すことも出来ます。

多肉植物【クララ】エケベリア属
価格
48,000円 (税込 51,840 円) 送料別
通常2〜3日営業日以内に発送予定
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • メール便