Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-11-02
カテゴリトップ > 巨匠の描く美の世界
富岡鉄斎筆 「朱鐘馗図」 
木版画 (掛け軸)
画像をクリックすると拡大されます
作品名 朱鐘馗図(掛け軸)
作 者 富岡鉄斎 とみおかてっさい
技 法 木版画(新刻)
彫師:木島重男
摺師:板倉秀継
(22版38度摺)
寸 法 軸寸:190×49.5cm 画寸:110×35.5cm
略年譜 明治-大正時代の日本画家。
天保(てんぽう)7年12月19日生まれ。
国学、漢学、仏教、詩文を学ぶ。
勤王家とまじわり、維新後、各地の神社の宮司となる。
明治14年郷里の京都にかえり、読書と画業に専念。
自由奔放で独自な文人画の世界を切り開いた。
帝室技芸員、帝国美術院会員。
大正13年12月31日死去。89歳。
名は猷輔、百錬。字(あざな)は無倦(むけん)。
別号に鉄崖、鉄史。
作品に「旧蝦夷(えぞ)風俗図」など。

【格言など】画家も長生きしなければいいものは描けない。
このごろになって、どうやら思うような絵が描けるようになった。
(死の直前のことば)


富岡鉄斎筆  とみおかてっさい  朱鐘馗図  しゅしょうきず
木版画掛軸(新刻) 限定150部摺立(証票付)

鐘馗は、大きな眼と髭面が特徴の魔よけの神様です。ハッタと見上げているのは、天空を自在に飛び回る一匹の蝙蝠(こうもり)。この「蝙」の字は「福」に通じ、朱描きするのは「紅」色が「降」の字に通じるためで、「降福」は「幸福」の意味となります。


朱鐘馗図

【巨匠の描く美の世界】
価格
189,000円 (税込) 送料無料
お届けまで7〜10日となります。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送