Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2019-09-14
カテゴリトップ>交換レンズ>新品交換レンズ>Nikon (ニコン)>35mm一眼レフ[AF]レンズ
《新品》 Nikon(ニコン) AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】




種別:35mm一眼レフ用レンズ[AF]

NOTE:

優れたコストパフォーマンスで、初めてのマイクロレンズに最適!

おもな特長

■AF(オートフォーカス)撮影およびMF(マニュアルフォーカス)撮影の切り換えが簡単にできるフォーカスモード切り換えスイッチを装備しています。
■AF撮影中にも瞬時にマニュアルフォーカスに切り換えられる「マニュアル優先オートフォーカス」機能を装備しています。
■被写体までの距離情報をカメラ側に伝達する機能を備え、3Dマルチパターン測光機能を持ったカメラとの組み合わせでは、より的確な露出制御を実現します。
■ニコン独自のED(特殊低分散)ガラスによる色収差の補正とともに、非球面レンズや良好なボケ味が得られる円形絞りの採用で、優れた光学性能、描写性能を発揮します。
■ナノクリスタルコート(Nano Crystal Coat)を一部のレンズに施したことで、強い太陽光が当たるスポーツ撮影から、スポットライトのある室内撮影まで、クリアーで抜けの良い画像を提供します。
■最短撮影距離0.185mまでの近接撮影ができます。

おもな製品仕様

焦点距離:60mm
最大口径比:1:2.8
レンズ構成:9群-12枚(ED レンズ1枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコート1面)
画角:39°40′(35mm判一眼レフカメラ・FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
   26°30′(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
   32°(IX240カメラ)
倍率目盛:1:10 〜 1:1(等倍)
撮影距離情報:カメラへの撮影距離情報出力可能
ピント合わせ:IF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
撮影距離目盛:∞〜 0.185 m、8 in.(併記)
最短撮影距離:0.185 m(等倍)
絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
絞り方式:自動絞り
絞りの範囲:f/2.8-32
測光方式:開放測光
アタッチメントサイズ:62mm(P=0.75mm)
大きさ:約73(最大径)×89mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)
質量:約425g









【1000円以上ご購入で送料無料!・代引き手数料無料!】
価格
65,990円 (税込)送料無料
MAP安心サービス  
--
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(5件)
このショップのレビューを見る
総合評価5.00

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2013年07月25日

非常によいレンズ

ニコンのD800Eで使用するために購入しました。気に入る写真がたくさん撮れるレンズです。携帯性もよく非常に使い勝手がよいです。マクロから、ポートレート、風景まで撮れるので、買って後悔はしないでしょう。 

使い道趣味使う人自分用購入回数はじめて

0u0;さん 20代/男性

評価5.00

投稿日:2013年03月25日

中古より安くてびっくりしました。

ナノクリコートを試したくて購入しました。以前から名玉の誉れ高いAi Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sを使用していますが、最新設計がそれを超えられるのか楽しみです。価格的に手頃なのはタイ製というのが関係しているのでしょうか?手持ちのレンズはすべて国産レンズなので、どれほど品質に違いがあるのか確認する意味でも楽しみです。 

使い道趣味使う人自分用購入回数はじめて

kama1266さん 40代/男性

評価5.00

投稿日:2013年03月24日

評判通りのレンズ

描写力、AFスピード共に評判通りのレンズです。D600の24MPにも十分堪え、ボケ味もなかなかなもの。AFスピードも、AF-Sの名に恥じない感じです。ただ、マクロ域では基本的にMFで最後はカメラを前後させてピントを合わせるので、AF速度はそれほど重要では無いかもしれませんが、MFでもピントリングが回しやすく、使いやすいです。 フルサイズでは、60mmではワーキングディスタンスが稼げないですが、DXフォーマットでは90mm相当と... …続きを読む

使い道趣味使う人自分用購入回数はじめて