Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2018-10-25

九谷焼 飾り 大皿(径30cm) 北斎 凱風快晴 赤富士(皿立て)
こんな時にお薦めです
記念品/結婚祝い/金婚御祝い/新築祝/誕生日プレゼント/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/お中元/お歳暮などの贈り物に最適
【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定



店舗内移動ナビ トップページ >> 飾絵皿一覧

起源を辿れば鉄分の多い陶石を用い作られた磁器の見栄えを補う為に鮮やかな絵具を用い鉄分による斑を隠しつつ華やかさを求めたことが九谷焼の始まりだと伝えられています。その色彩技法は歴史の中でより美しさの極みを求め、そして一つの技法として確立しました。その類まれな絵付技法の全ての真価を発揮できる作品が飾り皿だと考えます。平面部分が多い大皿をキャンパスに多彩な色彩、構図が描かれ圧倒的な美しさで感動を与えてくれます。食卓を飾る焼き物ではなく、眺めることで心を満たしてくれる美術九谷の真髄がここにあります。
※飾り絵皿は鑑賞用として製作されていますので食器としてのご使用はご遠慮下さい。

「加飾(過色)の文化」

九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ、近年、無駄はできるだけ省きシンプルを求めるデザインが多い中で、この九谷焼の無駄とも思えるくらいの加飾(かしょく)あえて過色(かしょく)とも言い替えることができる過度なまでのデザインには華やかな日本の文化を垣間見る事ができると思えるようになりました。JAPAN KUTANI、明治期、世界が賞賛したのは原色鮮やかで煌びやかな九谷、その華やかな色絵の文化こそ九谷焼が持つ最大の魅力だと思います。



他の陶磁器と九谷焼との違いは?と訪ねられたら間違いなく、こう答えます「多種多様な絵付技法とデザインの豊富さ」そんな九谷焼を製作する上で最も重要な技法が上絵技法です。いわゆる絵付作業のことになります。九谷焼で使用する絵具は主に2種類、ガラス質で透明感のある和絵具、そして水彩画のような優しい色合いを発色する洋絵具です。その他に金や盛絵具なども使いながら様々なデザインを生み出します。焼成温度の違う絵具の組み合わせや金での彩色など絵付だけでも多い場合は2回〜3回の窯入を行います。繊細な筆使いと美への飽くなき探究心、そして培われてきた350年以上の伝統と歴史が描きだす色絵の世界をぜひお楽しみ下さい。




作品のお取り扱い方法

乾いた布巾で軽くホコリを拭き取る程度でOKです。飾る場所の湿度や温度により絵具がくすんだ場合は濡らした布で軽く拭いて頂き、乾拭きで仕上げて頂けますと輝きが甦ります。直射日光に長く当たる場所に長年置いておきますと絵具の変色が起きますのでできるだけ直射日光は避けるようにお願い致します。
窯元 -
素材 磁器
サイズ 径 約30.5cm
外装 木箱 付属品:皿立て
備考 鑑賞用の作品ですので食器としてのご使用はご遠慮下さい


新築祝い 移転祝い 開業祝い 開店祝い お祝い ギフトや還暦祝い 米寿 卒寿 古稀 傘寿祝い 金婚式などの記念日のプレゼントとしてお薦めの九谷焼 作品です

価格
30,000円 (税込 32,400 円) 送料無料
在庫確認後の営業日1日〜2日での配送です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
ラッピング選択可 のし記名可 フリーメッセージ