Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

2019-08-11
カテゴリトップ > フランス > ブルゴーニュ(本拠地別) > コート・ド・ニュイ > ヴォーヌ・ロマネNo.1(Vosne-Romanee) > モンジャール・ミュニュレ
ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ リシュブール [2012]750ml31.12a所有。樹齢40-60年。新樽比100%。

果実味、熟度、旨味、ミネラル感、酸、どれもとても高いレベルにある特級リシュブール。
ロマネ・コンティに接している区画からは、華やかな香りと引き締まったボディの、ヴォーヌ・ロマネで最も力強さに満ちたグラン・クリュが生まれる。

アラン・メドゥ:Score: 93-95(Don't miss!!)

Tasted: Jan 15, 2014 Drink: 2030+ Issue: 53
Note: from vines adjacent to those of Domaine de la Romanee Conti in Richebourg proper totaling .31 ha; 100% whole cluster vinification

Tasting note: A distinctly toasty nose of subtle spice, earth and very cool yet ripe dark berry fruit aromas are trimmed in plenty of floral character. There is gorgeous intensity to the mineral-driven big-bodied flavors that possess outstanding delineation on the extract-rich mid-palate before terminating in a refined but overtly powerful and muscular finish that delivers strikingly good length. This too is decidedly built for longer-term cellaring.

ディナーの際、メインで出されたリシュブールを飲み、ヴァンサン氏の顔が全てを表していたように(普段の厳格な顔が優しいお父さんのような顔に変わりました!笑)、やはりリシュブールは特別だそうです。リシュブールに限らず、やはりグランクリュのものは、どんなヴィンテージやどんなにに雨や雹といった被害に遭おうと、いい品質のワインができる。 それがグランクリュと言われるが所以だそうです。
ただ、やはりその中でもリシュブールは別格で、ワインの王様という表現はこのようなワインのことです。と言われていました。さらに、面白くわかりやすい表現として、人間でいうジェームス・ボンドの様であると(笑)つまり、魅惑的ということです。

チャーミングで、繊細、エレガント。さらに余韻の長さも素晴らしい。果実味、熟度、旨み、ミネラル感、酸、全ての要素を完璧に兼ね備えているワインです。優良年などを生産者に聞くのは失礼な話と思っていましたが、それを承知でここ最近で一番良いと思う年は?という少し意地の悪い!?質問をしたところ、真っ先に2012年!と言われていました。 困難な年であったが為に、生産量が例年の半量から7割減とかなり少ないですが、できたワインの品質は素晴らしいと。大満足の年となったようです。すぐには飲めないが、是非購入して成長を待ってほしいと。ピークは10〜15年後と仰られていました。2016.03.16

【セミナーに参加して(備忘録)】

3月15日(火)、『モンジャール・ミュニュレ』当主ヴァンサン・モンジャール氏、そして、そのヴァンサン氏が後継者として指名しました、アレクサンドラ・カルミナティ氏(ヴァンサン氏の三女であるジャスティーナさんの旦那さんとなります)の来日を記念し、行われましたディナー会にご招待いただき、行ってきました。 そこで、多くのお話し、ご質問等ができましたので、ご紹介させていただきます。

モンジャール・ミュニュレは全てドメーヌものとなっており、一切ネゴシアン物はありません。それは、一から全て自分の目で確かめたいという思いからだそうです。
様々な要素がありますが、その年のワインの出来の80〜85%は収穫したブドウの質で決まると仰っておりました。ブドウの状態の見極めをすることがヴィニュロンにとって一番重要であり、そこを一日でも観察を怠ってしまうと、良いワインはできません。収穫は年に1回だけしかないことですので、そこは経験が全てだとも仰られています。 その他には、ブドウと同じくらい味わいに大切なことは、茎の状態だそうです。茎がまだ青いまま収穫してしまうと、ワインに大切なタンニンが表れにくく、しっかりとした味わいのワインができません。 収穫後の話になりますと、同じ年でも畑によって造り方は全く異なり、ACブルゴーニュやオート・コートはほぼ100%除梗作業をする、ジュヴレ・シャンベルタンやニュイ・サン・ジュルジュといった村名クラスになってくると、 ブドウや茎などの状態で、判断するそうで、やはり素晴らしいと言われる年に関しては、全房にすることが多いそうです。そしてプルミエ・クリュやグラン・クリュに関してはほぼ100%全房となっています。状態によってとは言いますが、 全房のほうが、素晴らしいワインができると仰られています。 漬け込み作業後の発酵作業は、果実味やエレガントさを出すために、低温でゆっくりすることを心がけてやっているそうです。

その後、ワインは樽へと移されますが、ここで一点言われていましたのが、近年、良い樽の獲得が難しくなっているそうで(※良い樽とは、木目が細かいものを指します。) その部分で、苦労をしているドメーヌも多いそうです。 その点、モンジャール・ミュニュレは昔から信頼できる樽職人がいて、ヴィンテージの正確を踏まえ指示を出し、作製していただいてるということで、安心だそうです。 じっくりと乾燥させ、場合によって、雨に湿らせるなど、細かい点が非常に大切であり、良い樽を作る重要なポイントとなるそうです。 澱引き後、地方名ACブルゴーニュ以外はフィルターにかけず、瓶詰めされます。(※白ワインは必ずフィルターにかけます。理由としましては、ワインに輝きを出すためです。) 言い忘れましたが、ピノ・ノワールのベストな収穫期間は3日間と言い、1日で大幅にブドウの状態が変化することも稀ではなく、その収穫時期を見極めるのは至難の業であり、これも経験がものを言うということでした。さらに収穫人が80名もいるということには驚きました!さすが、名門と言われるだけありますね!!

ここからは、ワイン業界全体の話になりますが、近年のワインの高騰に関してですが、もちろん世界経済の影響もありますが、一番は収穫量が減ったことが原因と言われました。 1970年代頃は、全てとは言いませんが、質より量。すなわち、生産量勝負となっていたそうです。しかし、時代の変化とともに、変わっていき、近年は生産量が落ちても、質のいいものを造るようにしている為だそうです。ですので、ヴァンサン氏個人の意見としましては、近年の方がワインの質が良くなっていると言われています。


モンジャール・ミュニュレ / MONGEARD MUGNERET

創立が1620年の由緒あるドメーヌで現在の当主はヴァンサン・モンジャール。昨年新たに購入したシャンボールミュジニーの畑を加え合計23のアペラシオンを所有しており、その総面積は25haにもなります。近年の醸造技術の向上により品質は年々向上しています。
ブドウの収穫時の選定はすべて手作業で行い、樹の負担を軽減させる為に厳しく適芽し収穫量を一定に保っています。樫樽を軽く焦して使用しており、ワインに肉付きや甘みを加えています。特にエシェゾーはこの区画最大の土地を所有しています。

代替わりして以来、確実に評価を上げてきているつくり手。現在ドメーヌを運営するのは’55年生まれのヴァンサン・モンジャール。BIVBの要職やヴォーヌ村栽培者の組合長等を務め、新技術の導入――ヴォーヌ村でステンレスのタンクを最初に購入――にも積極的だった、父ジャンの後を継ぎ、25ヘクタールを数える地所を率いる。歴史も古く、1600年代初頭まで遡れるが、1700年代後半にはあのDRCで耕作に携わっていた記録も残っている。
区画の多くはヴォーヌの村を中心に広がっているが、その数は22にも及び、サヴィニィやピュリニーといたアペラシオンも含む。目玉であるグラン・クリュはエシェゾー、グラン・エシェゾー、クロ・ド・ヴージョ、リシュブールの4つ。合わせて5ヘクタール程の広さがあるが、なかでもエシェゾーは3ヘクタール以上を占め、このAC最大の所有者となっている。樽や果実味だけが突出したようなタイプと異なり、各要素が複雑にからみあった、滑らかな味わいのワインは、以前よりも各アペラシオンの特徴がよく感じ取れるものとなってきた。
尚、ドメーヌでは生産量の4分の3が輸出されるが、’90年代後半より、日本が数量、金額ともに1位の座を占めるようになった。


ヴァンサン氏と奥様との3ショット

ヴァンサン氏・後継者のアレクサンドラ氏と

2012年は迷わず購入をおすすめしたい
価格
48,000円 (税込 51,840 円) 送料別
16時まで即日出荷OK(日曜/店休業日を除く)
残りあと12個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
※「あす楽」がご利用可能な配送方法は宅配便、クール便です。
翌日配達
16:00までのご注文で翌日お届けします
利用条件
月曜日〜土曜日16:00まで即日発送(日曜定休)
対象の配送方法
宅配便・クール便
対象エリア(離島等、一部例外地域もございます)
甲信越
新潟・長野・山梨
関東
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
北陸
富山・石川・福井
東海
愛知・岐阜・静岡・三重
関西
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
中国
鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国
徳島・香川・愛媛・高知
九州
福岡・佐賀・大分・熊本